モンテネグロの国旗の意味

珍しい縁取りのある国旗。
中央の紋章は国章で、
双頭の鷲と、聖マルコのライオンがモチーフ。

スポーツ競技などでは、旗竿を横にして頭上に国旗を掲揚することがあるので、
縦型の国旗を用います。

 

正式なサイズ 1:2

 

聖マルコのライオン:
7世紀末期から1797年まで1000年以上の間に亘り、歴史上最も長く続いた共和国である
ヴェネツィア共和国のシンボル。
ヴェネツィア共和国は「最も高貴な国」や「アドリア海の女王」とも呼ばれます。

双頭の鷲:
古来から、東ローマ帝国や神聖ローマ帝国、関連したヨーロッパの国家や貴族が用いてきた紋章。
現在も、セルビア、アルバニア、ドイツ、ロシアなどの国章や
キリスト正教会などで使われているモチーフです。